スクールに通わないで宅建に合格する方法

何かの資格を取得したい場合、具体的な勉強の方法を決めて、ひたすら勉強を続けていく必要があります。
とくに宅建などの合格率が高いとは言えない資格試験に関しては、せっかく勉強をしても毎年不合格を繰り返してしまうという結果にならないように効果的な学習計画を立てる必要があります。

難関資格にチャレンジする場合には、ある程度の出費を覚悟でスクールに通わなければならないと考える人が多いようですが、独学で合格へと近づくことも可能なのでしょうか。
実際に正確な統計が存在するわけではありませんが、毎年の試験合格者の中には少なからずスクールに通わず独学で勉強を続けた方たちが含まれています。

では独学で合格を目指すことに決める場合、どんな点に注意しておく必要があるでしょうか。
とにかく書店に行って宅建関連の書籍を眺めていると、どれも自分にとって必要なものに思えてくるかもしれません。

しかしながら、
ある程度の実績と経験を持ち合わせている会社が出版している参考書であれば、その1冊に必要な事柄がすべて収められています。

つまり、複数の参考書を組み合わせて学習しなくても、1冊を選び出して徹底的に網羅して学習を繰り返していけば、十分な正解率を得ることが可能なのです。

今回の宅建の資格試験に限らず、さまざまな分野で「1冊を徹底的に使いこなす」方法が奨励されています。
1冊を網羅することに加えて、実際の試験対策として過去の問題集も付属されているなら、それらを徹底的に解いて覚えていくことができます。

独学でも十分に合格を目指すことができます。

>>では、どうすれば合格できるのか?